スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
バッカス甲府さかな祭にて、鰤を食す。
こんにちは。

hostel&salon SARUYAの赤松です。

今回は、先日2月20日(土)に行ったバッカス甲府ゲストハウスとのコラボ企画「バッカス甲府ゲストハウスのさかな祭」こちらのイベントレポートです。

SARUYAは、開業の際クラウドファンディングサービスmakuakeを通じて、開業に必要な資金の一部を募りました。
そして、甲府で同時期に開業したBACCHUSも「イベント主催権」がリターンとなっているコースにて支援をしてくれました。

さかな祭は、BACCHUSが「イベント主催権」を行使して開催したイベントです。

さかな祭の主役は、鰤(ブリ)。BACCHUSが誇る料理人、金澤くんが6kgの鰤を今回のために1匹丸々仕入れて来てくれました。

鰤は、ご存知の通り日本を代表する出世魚です。
地域によって異なりますが、関東ではこのように呼び名が変わっていくそうです。

ワカシ:〜15 cmくらい イナダ:40 cmくらい(夏に旨い) ワラサ:60 cmくらい ブリ:90 cm〜(夏は味が落ちる)

出世魚は、縁起のよい魚として、おめでたい席や門出を祝う席などの料理として好んで使われていたそうです。
鰤の他にも、スズキやボラなどが有名です。

さて、お魚の話はほどほどに、イベントの様子をご紹介します。

On Saturday, 20th of February 2016, Saruya Hostel&Salon had the pleasure of hosting a fish festival event, in collaboration with the Bacchus Kofu Guesthouse.
 
During the time we were building our guest house, we organized a crowdfunding campaign on Makuake (one of Japan’s largest crowdfunding platforms) and our Bacchus friends were kind enough to help us with a donation. In exchange for their generosity, we allowed them to use Saruya’s space, and thus a new opportunity was born!
 
The main protagonist of the festival was the buri, (Japanese amberjack or yellowtail), a very popular fish for sushi or sashimi due to his fatty texture and great flavour. Usually the best season for buri is from December to February.
 
It can be found under different names in Japan depending on the region and different stages of growth:
 
Kanto (Eastern Japan): wakashi (less than 35 cm), inada (35-60 cm), warasa (60-80 cm), buri (more than 80 cm).
Kansai (Western Japan): tsubasu (less than 40 cm), hamachi (40-60 cm), mejiro (60-80 cm), buri (more than 80 cm).
The chef, Yuya Kanazawa, who currently works for the Bacchus team, bought a 6 kg yellowtail. What happened next was a great experience followed by good food!




イベントスタートは、金澤くんの解体ショーから。
記念すべき一刀目は、参加者から大きな完成があがり、見事な手捌きで、あっという間に鰤がおろされました。

そして、さすがは料理人。包丁も2種類用意し、さばく部位によって使い分けていたところにプロの技を感じました。

The event starts and everyone gathers around Kanazawa-san to witness a yellowtail expertly cut into sashimi. The first one to go was the head!




おろされた鰤、まずは厚い木板の上でお造りに。しっかりと脂がのって、一つ一つがとても濃厚でした。

The raw fish slices are perfectly arranged on the wooden serving board. The colour of the buri looks perfect. The first round is about to be served.




参加者は総勢20名を超えていましたが、金澤くんのスピードが追いつかないくらい、あっという間にみなさんのお腹の中に消えていきました。

With about 20 participants, the fish quickly disappears as everyone leans forward for a piece of sashimi.




お造りが一段落したところで、今度は握りワークショップがスタート。
希望者が金澤くんを囲み、シャリの握り方から、ワサビの乗せ方、ネタを乗せてシャリとネタを一つの”寿司”にするためのコツを教えてくれました。口に入れた時に、フワッとほどけるようにシャリがくずれていくための握り方など、とても貴重な体験ができました。

The next step of the event was a sushi workshop where the participants learned the secrets of making beautiful and delicious sushi. How to measure the rice quantity in one’s hands, how to shape the sushi piece and how much wasabi must be added – every instruction was carefully taken into consideration.




これは金澤くんが握ってくれた握り。しっとりしていて、とても美味しかったです。

大満足だった、さかな祭。

今後も、BACCHUSをはじめとするたくさんの仲間たち、地域の方々とご一緒して、この街や日本の良いところをお伝えしていきたいなと思います。BACCHUSの面々、素敵なイベントをありがとうございました。そしてご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。鰤、美味しかったですね。

ごちそうさまでした。

In the end it was about having fun and enjoying a great time with everyone. The Bacchus team was wonderful and we were happy to host this event at Saruya Hostel&Salon.

We look forward to future projects through which the Fujiyoshida community and our guests can come together, experience the Japanese culture and share good memories.




Please follow our journey as we prepare for the next adventure!


hostel&salon SARUYA
赤松 & Elena
guest house comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>