スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
吸引力。


こんにちは。

hostel&salon SARUYAの赤松です。

オープニングを無事終え、富士吉田と言えど日中はまだまだ暑い中、正式な開業に向けて準備を進めております。
すでに、salonスペースは休まず営業(なにも営んでないですが)していて、連日イベントやふらりと訪れてくれる方々で賑わっております。

そして、オープンしてわずか1週間で大切なことに気がつきました。

それは「吸引力」

写真に載せている女の子のように、真っ直ぐな眼差しにどこか吸い込まれそうで、それでいて無邪気で、突っ込みどころがあって、ニヤニヤさせてくれる、けど目をそらさせない意思も感じる、そんな吸引力。

街に開いた宿、街の新陳代謝を促す宿として、常に街に対して、街の外に対しての吸引力を意識しないといけない。

前回の投稿の中で、BEEK土屋さんもおっしゃてくれていました。「行ってみたい気分」にさせてくれると。
僕らはその気分をどうつくり続けていけるか。いや、醸し出し続けられるか。

僕らそれぞれのキャラクターや空間の内装、いろんな複合的な要素が混じり合って、そんな気分を感じてもらえるようになるのだと思います。

いつまでも、写真の女の子のような眼差しを携えて、街への吸引力を持っていたい。
 
guest house comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>